読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VirtualBox Zabbix3.0 エージェント構築

1. Zabbixエージェントの構築

* Zabbixサーバ
  統合監視するサーバで、Zabbixエージェントから送信されるデータを収集監視する
  IPアドレス ・・・ 192.168.33.12
* Zabbixエージェント(※このサーバーが作業対象)
  Zabbixサーバにサーバ稼働情報を送信する

  IPアドレス ・・・ 192.168.33.10

 

2. Zabbix 3.0 のインストール
Zabbixのリポジトリを追加
rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm

yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

 

Zabbix の yumリポジトリyum update でアップデートされないように無効化しておく
vim /etc/yum.repos.d/zabbix.repo

[zabbix]
enabled=1

enabled=0

[zabbix-non-supported]
enabled=1

enabled=0

 

3. zabbix_agentd.conf の編集
# Zabbixサーバからのリモートコマンドを許可
- EnableRemoteCommands=0
+ EnableRemoteCommands=1

# ZabbixサーバのIPアドレスを設定
- Server=127.0.0.1
+ Server=192.168.33.12

# アクティブチェック先。Zabbixサーバを指定しておく
- ServerActive=127.0.0.1
+ ServerActive=192.168.33.12

 

4. Zabbixエージェントの起動と自動起動設定
systemctl start zabbix-agent
systemctl enable zabbix-agent

 

5. Zabbixサーバ 疎通テスト
Zabbixサーバ(192.168.33.12)側で以下のコマンドを実行し、
Zabbixエージェント(192.168.33.10)のバージョンが表示されれば疎通OK
zabbix_get -s 192.168.33.10 -k agent.version
3.0.1