読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zabbix インストール

1. ZABBIX-JPのyumリポジトリ登録

 zabbixサーバの構築に必要な関連パッケージをコマンド1つでインストールできるように設定する。

 yumにZABBIX-JPのリポジトリを追加するために、以下コマンドを実行。 

 #rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel5/i386/zabbix-jp-release-5-6.noarch.rpm

    rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/5/i386/zabbix-release-2.2-1.el5.noarch.rpm

    rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/i386/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm

  

 yumリポジトリのキャッシュを削除

 yum clean all

 

   次のコマンドを実行し、zabbixパッケージがリストに表示されれば、

 ZABBIX-JPのyumリポジトリ登録は完了。

   yum search zabbix

  

2. データベースサーバなどの関連ソフトウェアのインストール

 mysql-serverパッケージがインストールされていない場合は、以下コマンドを実行。

  yum -y install mysql-server

 

    Zabbixが利用するデータベースの文字コードUTF-8のみであるため、

    MySQLのデフォルト文字コードUTF-8に設定しておく事。

    また、ストレージエンジンはInnoDBを使用する事。

 

    /etc/my.conf に以下設定を追記。

   **********************************************************  

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

#log=/var/log/mysql.log

#default-character-set=utf8
character-set-server=utf8
skip-character-set-client-handshake

innodb_file_per_table
innodb_buffer_pool_size=64M
innodb_log_file_size=16M
innodb_log_files_in_group=2

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld-error.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

   **********************************************************  

    Zabbixが利用するDBは更新系のクエリが非常に多く発生するため、

  MySQL側でI/O負荷を軽減するためのチューニングを施すことで、

  1台のZabbixサーバでより多くの監視を行える。

 

  Zabbix用のDBを構築

   **********************************************************  

 mysel -u root -p

    create database zabbix default character set utf8;

    grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'password';

    flush privileges;

    exit;

   **********************************************************  

 

   その他のパッケージをインストール

 yum -y install mysql fping iksemel net-snmp-libs openldap curl unixODBC OpenIPMI-libs libssh2

 

   NTPのインストールと設定

 ZabbixサーバはOS時刻を参照し定期的にステータス情報を入手し、

   時刻とともにデータを保存するためOS時刻が正確でないと適正なステータス情報を収集できない。

 NTPをインストールしOS時刻が常に正確になるように設定する。

 yum -y install ntp

 

   環境に合わせてネットワーク的に近いNTPサーバを参照するように、/etc/ntp.confを修正する。

 server NTPサーバのアドレス1

 server NTPサーバのアドレス2

 server NTPサーバのアドレス3

 

    時刻同期サーバとして稼働させる

    service ntpd start

    chkconfig ntpd on     

 

 

3. Zabbixのインストール & 起動設定

 Zabbixのインストール

 yum -y install zabbix zabbix-server zabbix-server-mysql

  

    データベースへ初期データをインポート

   データベースの初期データはzabbix-serverパッケージ含まれており、

 /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.1以下に置かれている。

 以下コマンドを実行し、データベースに初期データをインポートする。

   mysql -u zabbix -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.1/create/schema.sql

   mysql -u zabbix -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.1/create/images.sql

   mysql -u zabbix -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.1/create/data.sql

 

   Zabbixサーバの設定と起動

   /etc/zabbix/zabbix_server.confを修正する。

   DBName=zabbix

   DBUser=zabbix

   DBPassword=password

   DBSocket=/var/lib/mysql/mysql.sock

 

   Zabbix起動

   service zabbix-server start

 

   Zabbixが正常に起動していることを確認

 service zabbix-server status 

 

   Zabbixの起動 / 停止 / 再起動 の方法 

 service zabbix-server start

 service zabbix-server stop

   service zabbix-server restart

 

 

4. ZabbixのWebインターフェースをインストール

   PHP 5.4 インストール 用のリポジトリー追加

   rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

   rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

   rpm -Uvh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm

 

   php5.4にアップデートされることを確認。

   yum --enablerepo=epel,remi,rpmforge info php

   アップデート実行

   yum --enablerepo=epel,remi,rpmforge update php

 

   ApachePHPのインストール 

 ZabbixのWebインターフェースはPHPで作成されており、動作にはApacheが必要。

   yum -y install httpd php php-gd php-bcmatch php-mysql php-mbstring php-xml

   

    php.ini の timezone 設定   

    vim /etc/php.ini

   date.timezone = Asia/Tokyo 

 

    Webインターフェースをインストール

    yum -y install  zabbix-web zabbix-web-mysql

 

    Apacheの起動

    service httpd start

 

    Webインターフェースのインストーラを実行

    インストーラはZabbixの設定ファイルが存在しない状態でアクセスすると起動します。

  一時的に設定ファイルをリネームし削除状態にします。

  mv /etc/zabbix/zabbix.conf.php /etc/zabbix/zabbix.conf.php_bk

   

    ブラウザでhttp://(xx.xx.xx.xx/zabbix)にアクセスするとインストーラが表示されます。

  インストール手順は、公式サイトを参照し実行。

  http://www.zabbix.jp/documents/installation/install-rpm

 

    管理画面上部に「Zabbixサーバが動作していません」と表示され、

     Zabbix サーバの起動が「いいえ」の状態になってしまう。

     SELinux の制限によるもの。

     自身のポートにアクセスするのを拒否するポリシーになっているので、

     これを許可するように設定。

    setsebool -P httpd_can_network_connect on

 

     言語の設定

    Administration>Users Members列の「Admin」をクリック

     Language:Japanese(ja_JP) 

 

4. Zabbixエージェントのインストール

   監視対象サーバのへZabbixエージェントをインストール 

 Zabbixサーバと同様にZABBIX-JPのyumリポジトリの登録が必要。

 「1. ZABBIX-JPのyumリポジトリ登録」を参照の事。

 Zabbixサーバと監視対象のサーバにZabbixエージェントをインストール。

    yum -y install zabbix-agent

 

    設定ファイルの権限を変更

     chmod 755 /etc/zabbix

     chown root:root /etc/zabbix/zabbix.conf.php

     chmod 644 /etc/zabbix/zabbix.conf.php

 

 Zabbixエージェントをスタンドアロンで動作するzabbix_agentdで動作するように設定する。

  /etc/zabbix/zabbix_agentd.confを以下のように修正。

     Server=xx.xx.xx.xx                     // ZabbixサーバのIPアドレス or ホスト名を設定。

  Hostname=linux-server         // Zabbixエージェントをインストールしたホスト名を設定。   

  ListenIP=xx.xx.xx.xx                   // ZabbixエージェントがListenするIPアドレスを設定。

 

  Zabbixエージェントを起動 

  service zabbix-agent start

 

  Zabbixエージェントが正常に起動したか確認 

  service zabbix-agent status

  

4. 日本語フォントをインストール

   「IPA Pゴシック」を追加してグラフを日本語表示できるように設定する。

     yum -y install ipa-pgothic-fonts

    

    最後の引数の「1000」は優先度。「DejaVuSans」の優先度「10」より大きければ問題ない。

    作業者が意図的に変更していることがあとからわかるようにここでは大きい値を設定。

   alternatives --install /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf zabbix-web-font /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf 1000

 

    設定が変更されたことを確認

   alternatives --display zabbix-web-font